2009-01-24

寝る前の黙想メモ

生活の霊性(「せせらぎ」)
・・・・「今」にできるだけ全面的に現存して、それを生きることです。すなわち、宇宙や私の内に現存している大きな沈黙、豊かさを意識して、それを味わうことです。言い換えれば、私の内にも周りにも、上にも下にも、前にも後ろにもいらっしゃる方に心を開いて、御自分を明け渡して下さる永遠の今でいらっしゃる方に気づいてそれを受け入れることです。
 祈りは、奥義に現存することです。そのために、静けさ、沈黙、畏敬、礼拝、信仰等が一番ふさわしい態度なのです。-「観想的な祈り」

イシドロ・リバス 著 「祈りを深めるために(その1)—自分の人生の中で—」(新世社)

『今の自分で神を見つける』
より

2 件のコメント:

だんな さんのコメント...

寝る前に、こういった文書で黙想するって
いいですね(^_^)

余談ですが、今を生きるって映画もありましたよね(^^)/

谷川鹿子 さんのコメント...

疲れていると、睡眠薬代わりになっちゃいますけれどもね・・(^^;

映画はロビン・ウィリアムズが主演だったヤツですね。イーサン・ホークの役が自殺しちゃうんしたっけ。青春映画でしたよねぇー(しみじみ)。